トップページ   会社案内

会社案内
COMPANY

ご挨拶

代表取締役会長より

京浜パネル工業は、創業者(現鈴木会長)による、原理原則を大切にとの理念の下、『優れた事業システムを構築し、時代の変化に適応した運用で社会に貢献し続ける』『生産管理、品質管理、コスト管理、安全管理は全員参加で行う』ことをモットーにより高い品質を目指し、生産を行っています。

高い品質を維持するには、前工程での確実な作業が後工程に大きく影響するとの考えから、基本をしっかり守って常に後工程に配慮した物造りを心がけています。

また、時代に合ったスピード感のある物造りをしていくために、数値制御や自動化を含む、最新の設備を生かし、多品種少量の製品にもきめ細かく対応して、より早く、より安くを常に意識した物造りを行っています。そのためには、私たちは常に技術の向上を目指し、自由な発想の場としての職場環境作りにも取り組んでおります。

こうして、ハイクオリティーな製品を造り続けることが、結果的に納期を守り、コスト・スピードへとつながり、お客様に常に安心をお届けすることができると自負しております。

代表取締役社長より

当社は、昭和32年の塗装業を皮切りに、昭和48年薄物鋼板による板金加工を山形で開始し、以来、筺体の構造設計業務と筺体部の組み立て業務を加えて、板金筺体製品の一貫生産を行ってまいりました。

「時代に合った生産システムを構築し、社会に貢献する」を会社の基本コンセプトとして、お客様の納期を優先したJIT生産に移行しております。

また、「ものづくりは源流検査で行う」を品質の基本方針として、作る前にお客様やその製品に必要なニーズは何であるかを徹底的に確認し、自社の持つノウハウを最大限に生かした製品作りを行うことで、品質のさらなる向上とコストダウンに努めております。

山形県人は粘り強く、真面目であることが大きな特徴ですが、当社の作り出す製品も革新的な技術はあまりないかもしれませんが、確実に積み重ねられた熟練作業と細部にわたって配慮された製品は、多くのお客様から評価を頂いております。是非とも、東北人が作り出す繊細且つ堅実な製品を手に取って見て頂きたいと思います。

top